目には目を、歯には歯を。 vol.138

  • 2017.04.09 Sunday
  • 18:39

JUGEMテーマ:エッセイ

 

シリア、イドリブ県で、

毒ガス攻撃により72人が亡くなり、

その内の20人が赤ちゃんと幼い子供だった。

シリア政府軍の攻撃と判断した米軍が、

すぐさまシリアの軍事施設を爆撃し、

それに対する報復措置として、

ロシア軍が再びイドリブ県を空爆した。

今度は子供5人を含む民間人18人が亡くなった・・・。

 

人間て、やっぱりバカなのだろうか。

それとも過去の経験から学べない生き物なのだろうか。

幾度の戦いを経て、得られたものなど何もないではないか。

その度に犠牲になったのは、戦いを望まない者たちばかり。

 

ミサイル一発、飛ばすのをやめたら、

たくさんの命が無駄死にしなくてすむのに。

ミサイル一発分の軍事費を食料に置き換えれば、

たくさんの飢えた子供が満腹になるのに。

 

目には目を、歯には歯を、

そんなことばかりやっているから、

アサドもプーチンも微笑み筋が退化して、

笑顔を作ることさえできなくなってしまったのだ。

 

その青い目に一度でも現実を映したことがあるだろうか。

子供たちがもがき苦しんで死んでいく姿を。

その歯で噛み砕いている贅沢な食事が、

人々の憧れだということを理解しているだろうか。

 

持っているのに与えない。与えないのに奪う人。

どの時代にも現れる、膿の役割を持った人たち。

私たちの役割は、その膿の勢いを上回る愛で、

子供たちと地球の未来を守ることなのだ。

 

数々の過ちの先に、今、私たちはこうして生きている。

失ったたくさんの命のためにも、

今度こそ一人一人が愛を選択していかなくてはならない。

世界中のすべての命が笑顔で生きられるように。

 

目を細めて笑う。嬉しくて白い歯がこぼれる。

目と歯は戦いではなく、「笑顔」に必要不可欠なもの。

 

世界中のどの命も、

笑顔で生きる権利を等しく持っているのだ。

 

 

 

・・・つづく・・・

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

 

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM