選挙へ行こう! vol.168

  • 2017.10.21 Saturday
  • 23:58

JUGEMテーマ:エッセイ

 

明日は衆議院議員総選挙投票日だ。

私には特に支持している政党はなく、

その時々で、

「この人(政党)の言っていることはまっとうだな」

と感じる立候補者(政党)に投票している。

 

そして昨晩私は期日前投票を済ませてきた。

理由は投票日当日に悪天候が予想されているからだ。

すると同じような考えの人が大勢いて、

昨晩の期日前投票所は、

さながら投票日当日のような賑わいを見せていた。

それほど今回の総選挙は

国民が注目しているということなのだ。

 

森友加計問題、憲法改正議論、

消費税引き上げの時期と使途変更、

臨時国会冒頭の衆議院解散等、

与党は次から次へと私たち国民の心を翻弄し、

政治に無関心の人々さえも揺り動かすインパクトを与えたのだ。

 

そして野党もまた然り。

今回の選挙戦に向けて、

目まぐるしく変わるドラマチックな展開に、

私はぶっちゃけ度肝を抜かれたのだった。

特に彗星の如く現れた小池百合子党首が、

日本の未来を変えてくれる救世主に見えたかと思えば、

「さらさらない」発言で人気急降下。

どんなに言っていることが正しくても、

言葉の選び方で人生はこんなにも激変するのだと、

彼女は身を以て国民に教えてくれたのではないだろうか。

 

そんなこんなでこれほどまでに、

興味をそそられた選挙を私は覚えていない。

選挙権年齢が18歳に引き下げられてから

初めての衆院選ということもあり、

国民が一体どのような審判を下すのか、

結果が待ち遠しくてたまらない私なのである。

 

たとえどのような結果になろうとも、

国民の未来がかかっていることに間違いはないのだから、

良いことは良い、ダメなものはダメ!と

発信することがとても大切なのだ。

国民一人一人の意思を示すためにも、

まずは投票するに限るのである。

 

そして政治家たちは思い知るのだ。

高い報酬を支払って政治家を雇っているのは、

まぎれもなく私たち国民だということを。

国民に選ばれなければ、

彼らはどんなことをしたって政治家にはなれないのだから。

投票するということはそういうことなのだ。

 

さあ、今からでも遅くはない。

みんなで投票所へ行こう!!

 

 

 

・・・つづく・・・

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

 

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM