未来はすでに決まっている。 vol.183

  • 2018.02.05 Monday
  • 00:45

JUGEMテーマ:エッセイ

 

その人の言動を見ていると、

その人のおおよその未来が見えてくる。

きっとこの先も幸せな人生を歩むだろう、とか、

このまま不幸な人生に突入していくだろう、とか。

 

そしてその予想はほぼ外れない。

それは私に特別な能力があるからではなく、

各々が発する言動の中にこそ、

各々の未来が隠れているからだ。

 

私たちには誰しも思い癖というものがある。

物事を肯定的に受け取ったり、

否定的に捉えたり、

自身に起こる出来事を人のせいにしてみたり、

逆に人生の糧にしようと発想の転換を図ってみたり。

 

そういう「思い癖」は、

やがて無意識である潜在意識に流れ込み、

潜在意識はその癖に基づいた行動を取るよう、

脳みそに指示を出すのである。

 

かつて「行動」は、自分の意思によって

決定していると考えられていた。

たとえばジュースを飲もうと思ったから

冷蔵庫を開けるのであり、

電話を掛ける用事を思い出したから、

スマートフォンを手に取る、というように。

 

けれど実際はそうではなく、

飲み物を飲もうと思った1秒前には、

冷蔵庫を開けるための動作が始まり、

さらには、

飲み物を飲もうと思った10秒前に、

冷蔵庫を開ける動作に関係する細胞が

活発になることが判明したのである。

 

つまり私たちの行動は、

自分で意思決定する前に、

すでに潜在意識によって

決められているということなのだ。

 

ということは思い癖によって、

行動は無意識のうちに肯定的にも否定的にもなり、

平和的であったり暴力的であったりもする。

そしてそれに見合った結果が積み重なって、

それぞれの人生になるのだ。

 

自ら発する言葉や態度が自分の未来を創り、

それは決して誰のせいでもなく、

肯定の先には希望があり

否定の先端にあるのは絶望。

そのどちらを選択するかはいつだって自由なのだ。

 

私は幸せな人生を歩みたいから希望を選択する。

辛いこと、悲しいことがあったら大いに泣いて、

けれど再び前を向いて歩いていこうと思う。

 

思考がすべての始まりならば、

私はただひたすらに愛を思考し、

言葉が思考に響くなら、

私はただひたすらに、

ありがとうを繰り返そう。

 

自分の未来は自分のもの。

未来は自分で切り拓くものだから。

 

 

 

・・・つづく・・・

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

 

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM