あれから7年・・・ vol.188

  • 2018.03.11 Sunday
  • 04:16

JUGEMテーマ:エッセイ

 

あの日から今日でちょうど7年が経つ。

14時46分に発生したマグニチュード9の地震で、

1万5,895名の方が亡くなり、

2,539名の方が未だ行方不明となっている。

 

私は当時も千葉県に住み、

生れて初めて震度6強を体験した。

地上15mほどの高架道路上にいた私は、

アスファルトがゴムのように波打つのを目撃し、

自分は道路もろとも地面へ落下して死ぬのだと、

パニック状態で右往左往したものだ。

 

千葉県内では津波などの被害で、

死者・行方不明者数は23名に上った。

 

震源地から遠く離れた場所でも

これほど恐ろしかったのだから、

宮城、岩手、福島の人々の恐怖は想像に余りある。

 

亡くなった方々のご冥福をお祈りするとともに、

今なお復興を実感できない多くの被災者がいることを、

私たちは決して忘れてはならないと思う。

家や職場を失い、家族を失い、

生きる希望を失った人々が今も苦しんでいることを、

片時も忘れてはならないのだ。

 

地球という自然界に住まわせて頂いている以上、

私たちにいつ何が起こるか分からない。

それが7年前の東日本大震災であり、

23年前の阪神・淡路大震災なのだ。

そして今現在、

霧島連山・新燃岳が噴火している。

 

自然に逆らうことも、

未来を先読みして生きることもできない私たちに、

唯一できるのは自然を崇めて感謝すること。

自然の恵みを頂き、

生きものの命を頂いて生きていることを、

自覚して謙虚に生きること。

 

そうやって日々自然に向き合うことで、

少しの変化にも気づけるようになるだろう。

それを恐怖ではなく、

愛のメッセージとして受け取れるなら、

自分を最大限に守ることができるのだ。

 

 

あの日のまま時が止まってしまった

たくさんの御霊と被災者の方々に、

私は今日一日、心を寄り添わせて過ごそうと思う。

 

 

 

・・・つづく・・・

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

 

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM